お問い合わせボタン

お知らせ大心建設の最新情報

家の土間や擁壁(コンクリート)にヒビが!?原因と補修方法など

長野県では昼夜の寒暖差が激しいことなどもあり、コンクリートのヒビわれの問題が多くあり、駐車場の土間や家の擁壁等に入ったヒビを直してほしいというお問い合せを多数いただいております。
そこで今回はヒビが入ってしまう原因と補修の方法についてお伝えしようと思います。

コンクリートにヒビが入る原因は?

乾燥

乾燥によるヒビ

コンクリートには多数の水分が含まれております。
その水が乾くことによりコンクリートがもろくなってしまうことがあります。
また、内部の水分が凍ることで、ひび割れてしまうこともあります。

気温の変化

気温の変化

寒暖差の激しい長野県ではこの気温の変化が大敵です。
夏場はコンクリートが膨張し、内部の圧力が高まってしまうことで、ひび割れてしまうことがあります。
また、冬場は内部の水が氷になり、体積が大きくなるため内部の圧力が高まり、ひび割れてしまうことがあります。

沈下、傾き

高低差

地盤の沈下や地震等による断層により、コンクリートの下の地盤が傾いてしまうことで、力のかかり方が変わり、割れてしまいます。
地震や大雨による地盤の緩みが原因となることが多いです。
放っておくととても危険ですので、早急に修復が必要です。

揺れ

揺れによるヒビ

地震の揺れなどにより強い負荷がかかることで割れてしまいます。
強風や音による振動など微細な物でも、継続的に負荷がかかり続けることで割れてしまうこともあります。

内部構造物の変化

中性化

コンクリートの中には鉄筋が組み込まれています。その鉄筋が酸化することにより体積が増加し圧力がかかります。その圧力によって割れてしまいます。
コンクリートは性質上、常に変化してしまう物ですが、ヒビなどそのコンクリートの状態によって変化のスピードは変わります。
定期的なメンテナンスをするようにしておきましょう。

施工不良

施工不良

初期の施工不良により、最初からヒビが入っていたり、上に載る物の力のかかり方が変になることで割れたりかけたりします。
安いからという理由で、しっかりしていない業者に頼んでしまうとこのようなことが起こってしまう場合もありますので、施工業者はしっかりと選ぶようにしましょう。

直しておく必要はあるの?

内部に水が浸入する

水が入る

内部に水が浸入してしまうことで、コンクリート内部の鉄筋が錆びます。
上記で述べた、「内部構造物の変化」の様な原因で。さらにヒビが大きくなってしまいます。
また、「気温の変化」でもあるように、侵入した水が凍ることで、ヒビを大きくしてしまう可能性も非常に高まります。

ひびから植物が生えてくる

根がはる

『ど根性たんぽぽ』などと言えば聞こえは良いですが、これは非常にやっかいです。
ヒビで植物が育ってしまうと、その根をどんどんとコンクリート内部に侵入させていきます。
根っこの力は非常に強いため、ヒビが深く大きくなってしまいます。
除草剤をまくなどで対策をすることが可能ですが、コンクリートはアルカリ性ですので、除草剤の液性には十分注意しましょう。

見た目が悪い

見た目

割れたままにしておくと何よりも不格好です。また、割れや欠けの部分でケガをしてしまう恐れもあります。
特にご年配の方などは玄関アプローチのヒビに足を引っかけ、こけてケガをするという事もあるようです。
また、端の方が割れていると、踏んだときにその部分がかけて、ケガをする事もあります。

補修の方法は?

自分で直す

あまりオススメしませんが、安く済ませることが出来ます。
DIY製品を取り扱っている店やホームセンターなどで、自分で修復をすることが出来る様な物が売っています。
それらを使用する事で、ヒビや欠け等を修復することが可能です。
しかし、既存コンクリートと色が変わってしまったり、表面を平らにする事が難しかったりするため、地面の修復をする際や、見栄えにこだわる場合は業者に施行を依頼した方が良いでしょう。

補修業者に依頼する

一般的に「左官」と言われている業者が施行をしてくれます。
「左官」は昔、土壁や漆喰壁の仕上げを行っていました。今ではそういった物は少なくなっているかわりに、コンクリートやモルタルと言った物を使用して施行をするようになっております。
「コンクリート、モルタルのプロ」と言った方が、現代だとわかりやすいですね。

弊社でも左官工事を受け付けておりますが、さらにその上をいく【美装カメレオン施行】を取り扱っております。 企業様向け 【美装カメレオン施行】 施行事例① 個人宅 玄関 施行事例② 個人宅 擁壁 【美装カメレオン施行】とはコンクリート修復の際にどうしても目立ってしまう色ムラを無くし、修復した部分が完全にわからなくなる様な施行方法となっています。
当然、コンクリートの強度も安全なレベルまで出ますので、安心です。
カメレオンの美装例.png
新品のように綺麗にする事も出来ますが、あえて古いコンクリートのようにすることも出来ます。
通常の左官に比べ、費用は高くなってしまいますが、その費用に見合った美観にする事ができます。

そのほかの修復方法として、コンクリートの上から新しい施行をする【ローラーストーン】という物もあります。
こちらにつきましても弊社での施行が可能ですので、お気軽にご連絡ください。
ローラーストーン2.jpg
【ローラーストーン施行】住まいのReform/Renovation【住まいRe】お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください!

コンクリート修復・VR制作などに関するご相談・ご依頼は大心建設

見積もりイメージコンクリート修復・VR制作などに関するご相談・ご依頼は、お電話でもファックスでも承っております。ご依頼の場合は当社社員がお伺いし、親切丁寧にお客様のご相談にお応えしますのでお気軽にご連絡ください。お客様のご希望・ご予算に合ったプランをご提案します。

施工に関するご相談・ご依頼は、お電話でもファックスでも承っております。ご依頼の場合は当社社員がお伺いし、親切丁寧にお客様のご相談にお応えしますのでお気軽にご連絡ください。お客様のご希望・ご予算に合ったプランをご提案します。

見積もりイメージ

資料請求・お見積もり・ご依頼はこちら▼

0263-87-0340 0263-87-0387 お問い合わせフォームからのお申し込みはコチラをクリック!